ぱちりすと!

ぱちりすと!

立派なパチリス使い(パチリスト)を目指して…

【ポケモン剣盾ダブル】インテレオン×マタドガスver.2【シーズン8】

はじめに

どうも、うえすです!今回はポケモン剣盾シーズン8のダブルバトルのランクバトルで使っていたパーティの紹介をしたいと思います。

結果は振るいませんでしたが、自分用の備忘録も兼ねて書きたいと思うので、よければ読んでいってくださいね。

 

構築の経緯

今シーズン序盤、エルフーンの追い風を軸としたパーティが多いと感じたため、前シーズンにも使っていた、素早さ下げ+ガラルマタドガスの並びを今シーズンも使うことに決めました。

 

しかし、ゴリランダーの増加により、マタドガスが倒された後のダイマックスインテレオンが非常に動きにくいことが気になり、他の相棒や取り巻きを検討していました。

 

マニューラドククラゲなど、いろいろも試してみた(迷走していた)のですが、結果は振るわず一時期25000位まで落ちました。そこで、とある人からアドバイスを受けて、元のインテレオン+ガラルマタドガスに戻し改良したところ、なんとか戦えるようになったので、そこから取り巻きを調整していきました。

 

要するに、今シーズンもインテレオン+ガラルマタドガスで潜ってたよ!ということですね。(一文でまとめられた)

以下に、ポケモンごとに少し詳しく採用理由等を書いていきます。

f:id:pacchirin:20200802172027j:plain

 

個体紹介

インテレオン(キョダイ)f:id:pacchirin:20200702195619g:plain

性格:おくびょう 特性:スナイパー

持ち物:いのちのたま

実数値:145-x-86-177-85-189

努力値:0-x-4-252-0-252

今シーズンもこのポケモンとバトルしてきました。

エースバーンに対面で勝てるよう最速で、火力を求めてC極振り。ミミッキュを一撃で仕留められるようキョダイ個体です。

技は、前期と異なり水技をねらいうちに(理由は後述)。あとは、エルフーンの素早さを下げて、追い風をさせずにマタドガスで倒すためのこごえるかぜと、ダイジェットの媒体となるエアスラッシュ、ジュラルドン等への打点としてマッドショットです。

 

技をねらいうちにしたのは、前期までで非常に厳しかったトリル展開を相手にする時、イエッサン+ブリムオンの並びに確実に勝つためです。

ねらいうちはこのゆびとまれを無視するので、ねらいうち+マタドガスヘドロウェーブ(全体技)でブリムオンを確実に倒すことができます。

ただ、ポリゴン2サマヨール始動のトリルはどうしようもないので、そこは他で対応する必要があります。

 

使ってみた感想は、パーティの使い方に慣れてきたためか、ゴリランダーの相手をするのは困りませんでしたが、相手のキョダイフシギバナが非常にキツかったです。特にリザードンも共存していると、インテレオンを倒されるわけにはいかないので、立ち回りが後手に回って負けることが多かったように感じました。

もう少し取り巻きを工夫すればやっていけそうな気はします。愛着も湧いてきたのでなんとかうまく使ってあげたいですね。

 

ガラルマタドガスf:id:pacchirin:20200702195705g:plain

性格:おくびょう 特性:かがくへんかガス

持ち物:たつじんのおび

実数値:141-x-140-137-90-123

努力値:4-x-0-252-0-252

もう1匹のメインとなる軸を構成するポケモンです。

努力値は、素早さを下げたエルフーンを抜くために最速、あとはC極振りです。

前期、バンドリの並びを見るためにこだわりメガネを持たせていましたが、マタドガスを場に残したいのに技が固定されて窮屈で立ち回りにくい、という課題がありました。

そこで持ち物をたつじんのおびに変え、技も相手に少しずつ負荷をかけられる全体技のマジカルシャインとねっぷうにしました。

そして、ちょうはつの枠を上述の通り、ヘドロウェーブを採用してみました。

 

やはり、技を自由に選べるだけで立ち回りのやりやすさが改善されたので、持ち物の変更は間違っていなかったと思います。たつじんのおびで良いのかは、まだ疑問が残るので調整していきたいです。

インテレオンや、後述のドラパルトと組ませるのがほとんどで、ダイジェットで素早さ補強してダメージを与えていけるのが強力でした。

 

余談ですが、私はマタドガスのニックネームを「ガラルじん(アルファベット)」と新規育成するたびに付けているのですが、めでたくDまで到達しました。まだまだ増えるかもですね…。

 

ドラパルトf:id:pacchirin:20200702195849g:plain

性格:ようき 特性:クリアボディ

持ち物:じゃくてんほけん

実数値:175-145-111-x-96-213

努力値:92-36-124-x-4-252

インテレオン以外のダイマックスエースとして、前期使っていた耐久振り弱保ドラパルトの使い勝手が良かったので、それを再調整して採用しました。

陽気珠ドラパルトのダイホロウ(威力130)を最高乱数以外耐えの物理耐久を維持しつつ、相手のドラパルトがキツかったので最速に調整し直しました。その分、弱保発動前の火力はかなり抑えめになりましたが、ダイドラグーンやダイホロウの追加効果を活かしながら、隣のポケモンと上手く戦っていきます。

 

この耐久振りがかなり光り、イージーウィンできる対戦も非常に多かったです。ただ、上述の通り、ダイマックスかつ弱点保険前提の個体なので、通常状態でそのまま戦わせるのは厳しかったです。そこは立ち回りでどうにかしたいですね。

あとは、仲良くして下さっているフォロワーさんからの助言でふいうちを採用してみましたが、これも元火力が低いドラパルトなのですこし改良の余地がある部分かと思います。とんぼがえりにして、ダイワームやサイクルを回せるようにしてみてもいいかなと思いました。

 

ルカリオf:id:pacchirin:20200702195746g:plain

性格:ようき 特性:せいしんりょく

持ち物:きあいのタスキ

実数値:145-162-90-x-91-156

努力値:0-252-0-x-4-252

ドリュウズを意識しての最速A極振り個体です。

きあいのタスキを盾に死に出しから動かすパターンと、ドラパルトと組み合わせて初手から投げるパターンで使っていました。

 

ガオガエンが非常に増えているので、猫騙し+威嚇が効かない格闘タイプは非常に強力でした。しかし、インファイトで必ず攻撃を耐えられていたので、いじっぱり個体に変えるのはありかもしれません。

コメットパンチを外さなければ、めちゃくちゃ強いのですが、使っていてそこが最大の欠点でしたね…。

この子は前期から使っていて、特に言うことなく活躍してくれました。

 

ガオガエンf:id:pacchirin:20180515010809g:plain

性格:いじっぱり 特性:いかく

持ち物:とつげきチョッキ

実数値:201-183-112-x-110-80

努力値:244-252-12-x-0-0

エースバーンやゴリランダーを意識して、威嚇持ちのポケモンとして採用しました。当初はウインディを使っていましたが、同じ炎タイプの威嚇持ちであるガオガエンに変えたところ、しっかりときたのでこのままにしました。

 

ウインディとの大きな違いは、猫騙しをとるか神速をとるか、格闘弱点の有無だと思うのですが、どちらも良い点があるので選択が難しいですね。

今回は、ドラパルトに打点のあるガオガエンがはまっていたように感じました。

 

モロバレルf:id:pacchirin:20200802153501g:plain

性格:のんき 特性:さいせいりょく

持ち物:オッカのみ

実数値:221-x-134-105-101-31

努力値:252-x-252-0-4-0

対水タイプ、対トリルのために採用しました。

やはり、必中で眠らせることができるキノコのほうしが強力で、素早さの低さと相まってトリックルームパーティ相手に非常に活躍してくれました。

 

一方で、順位が上がるほど眠りへの対策(ダイマックス技での回避や防塵ゴーグルなど)もしっかりしており、モロバレルのみでトリルの対処が厳しい場面が多かったです。

そういった意味では、もっと根本的にトリルに弱くないパーティを組まないといけないなと思いましたね。

 

戦績とか

69勝59敗 最終順位2792位(レート1694)

f:id:pacchirin:20200802150840p:image

瞬間最高順位は1500位(最終日2日前)でした。おそらくレートで言うと1700中盤くらいなのかなと思います。

2000位台をうろうろし続けて勝ち切ることができませんでした。もちろん選出から負けている試合もあるのですが、対戦後にミスに気づく試合も多く、プレイングを丁寧にすればもう少し頑張れたのかなと思うので反省点ですね。(毎回言っている)

早押し癖を直すしかないな…。

 

構築としては、インテレオン+ガラルマタドガス、ドラパルト+ルカリオとなかなか強い並びを組めていると思うので、もう少し相手によって選出パターンを明確にできるようにして、対応できる範囲を広げていきたいと思います。

特に、サマヨールポリゴン2始動のトリル軸、ダイマックストゲキッスリザードンフシギバナが同居している晴れパが、多く対戦で当たる割に、とてもキツかったので改善していきたいと思いました。

 

今シーズンはダメでしたが、来シーズンこそ最終3桁と自己ベスト更新を狙いたいと思います!

 

さいごに

ここまでお読みいただきありがとうございました!

シーズン9こそ結果を残したいと思います!それでは!